-

テスト撮影 AI AF NIKKOR 28-200mmf3.5-5.6G ED(IF) + NikonD500

AI AF NIKKOR 28-200mmf3.5-5.6G ED(IF) + NikonD500

天気も良く晴れ渡った日曜日の朝散歩がてらテスト撮影してみました。思った以上の解像力に納得しました。フィルム時代の終わり頃はVRが無い分軽量にできたのでしょう。現在のデジタル時代でも十分に通用するのにと思う人は大勢いると思われます。撮影にはD500ボデーを使用焦点距離が1.5倍なので小さいけど200mmが最大300mmになります。逆に28mmは42mmですのでワイド側には不利です。ワイド側は写真では余り解りませんが最後のひまわりの解放とf11では解りやすいと思います。  2018/7/16

投稿者: photoan

My photo Room=写真庵としてライカRレンズ、銘玉ニッコールレンズ等色々と試行錯誤しながら紹介しています,勿論最新のレンズやボデーも含めて、カワセミ撮影を中心に他の鳥達や観光地等の写真も幅広く発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください