カワセミ飛翔色々_Ⅱ

NikonZ50 + NIK(G)-NIK(Z) + AF TC-16AS + Ai Nikkor ED 500mmf4P

  ↑ 写真をクリックすると拡大します

カワセミ君達が比較的出てきてくれました。自然に生きてるのでゆっくりは撮影出来ませんが結構目の前に出てきてくれてます。いつもこの様に出て欲しいものです。  2020/3/4(撮影3/1)

 


散歩中に出会ったカワセミ

NikonZ50 + FTZ + AF-S TC-17E2 + Ai Nikkor ED 500mmf4P

  ↑ 写真をクリックすると拡大します

散歩中に出会った鳥達の中にいたカワセミ君達を別途ギャラリーにしてみました。中々カワセミは最初用心深くて直ぐに立ちさっていましたが待っているとまた戻り安心したのか撮影出来ました。 2020/2/22


散歩で出合った鳥達

NikonZ50 + FTZ + TC-14 + Ai Nikkor ED 500mmf4P

 ↑ 写真をクリックすると拡大します

晴れた日に散歩で出合った鳥達です。今年は本当に暖かく桜がもう咲いていました。水辺ではサギと鵜が楽しそうに餌を求めていました。久しぶりにメジロが出てくれました。  2020/2/14 (撮影2/9.10.12)


アオバズクの子供がスクスクと

NikonZ6 + AF TC-16AS + Ai Nikkor ED 500mmf4P

 ↑  写真をクリックすると拡大します

いつも行っている大きな木の中でスクスクと育っていました夕方からの写真ですが夜は真っ暗で中々ピントが合いません。レンズが暗いので無理かな、仕切り直しでした。  20198/5(撮影8/1)


アオバズクの子供が4羽も生まれていました

NikonD500 + AF-S TC-17E2 + AF-S NIKKOR ED300F4D NikonZ6 + AF TC-16AS + Ai Nikkor ED 500mmf4P

  ↑ 写真をクリックすると拡大します

近所の森ではアオバズクの子供が元気に4羽もスクスクと育っていました一月位前に訪れた時には卵を親鳥が温めていると聞いていました。暫くぶりに覘くと4羽の子供を確認しました3羽は一緒にいましたが1羽の子供と親鳥は直ぐ側の木にいました      2019/7/25(撮影7/24)


二年ぶりの再会でした

NikonD810 + AF TC-16AS + Ai Nikkor ED 500mmf4P

  ↑  写真をクリックすると拡大します

大阪府能勢町へ2年ぶりに行って来ました野間の大けやきに寄るとアオバズクが丁度来ていて雌がひなを抱いているそうで雄が側で威厳を持って警戒していました、たまに目を開けながら時には片目でにらんでいましたが眠そうにしていたアオバズクでした。   20197/3(撮影6/26)

参考資料 2017年6月 https://photoan.com/?m=201706


僕達ともだち_2

NikonD500 + AF TC-16AS + Ai Nikkor ED 500mmf4

     ↑ 写真をクリックすると拡大します

カワセミ君と他の鳥カモやサギ等は同じ場所でよく目にしますが仲間内なのでしょう。今回はそばにカモがいてもお構いなしに水浴びをしていましたカワセミ君と会いました。  2019/4/26(撮影3/8)

毎日飛び回っています_2

NikonD500 + AF TC-16AS + Ai Nikkor ED 500mmf4P

    ↑ 写真をクリックすると拡大します

桜がチラホラ咲いてきましたが中々桜との絡みは撮れません、またまたの飛び物です。撮影は先月分の未発表からです。 20194/5(撮影3/1)

ついにカワセミ君の住処発見か⁉

Ai NIKKOR ED 500mmf4P + AF TC16AS + NikonD500

     ↑ 写真をクリックすると拡大します

1羽のカワセミ君が上を見ながら羽ばたき何度か挑戦して何かを探してしきりに羽ばたいているではありませんか。取り合えずシャッターを切りっぱなしにして後でPCにて穴に入っていくのを発見、初めてなので「えっ」と感激、けどあまり環境の良い場所とは言えません、しかし空き缶の上に土が有り掘った形跡ありで只今観察中です。又こちらで経過報告したいと思います。 2019/3/21(撮影3/2)


毎日飛び回ってます

Ai Nikkor ED 500mmf4P + AF TC-16AS + NikonD500

    ↑ 写真をクリックすると拡大します

天気も良くて風がないと一番魚が見やすく取りやすいかと思いますが自然は思うようには行きません、彼らは常に生きた魚を食料としていますので毎日朝から夕方迄飛び回ります。その隙間を狙って撮影をしています。自然に生きるカワセミ君達は大変だと思います。  2019/3/15