木星と土星が超大接近

NikonD500 + AF TC16A + Ai ED 500mmf4P

  ↑ 写真をクリックすると拡大します

今月12月21日(月)の日没後に木星と土星が大接近するとのニュースを聞いて早速カメラをセットして撮影してみました。二つの惑星が397年ぶりに超大接近との事で日が沈みかけて南西の空を見ると肉眼でもはっきりと見えました。今回と同じように見えるのは60年後の2080年だそうです。2020/12/24(撮影12/21)

これが何か解りますか

LEICA D-LUX4 + DC VARIO-SUMMICRON 1:2.0-2.8/5.1-12.8 ASPH

 ↑ 写真をクリックすると拡大します

この一番目の写真をご覧になって解る人は写真に相当古くから関わっている人だと思います。右側の3つは入射光式の露出計です。セコニックスタジオデラックスは入射光式露出計のベストセラーとして知られている露出計です。左側3つはデジタル露出計でフラッシュ光(ストロボ光)も測れるメーターです。左から3つ目の少し大きな露出計は1979年発売のミノルタフラッシュメーターです。当時は結構高額な商品でスタジオを始め多くの人が使用していました。40年もたった今も電源を入れてみましたがちゃんと通電しました。左2つはセコニックデジタル露出計で一番左側はストロボ光も測れる小さく軽くて単三1本で動きます随分お世話になりました。近頃はデジタルカメラに露出計が付いていてこれらの機器を使用する機会がめっきり無くなりました。 2020/5/3


NikonZ50 ボデーケースのお勧めです

LEICA D-LUX4 DC VARIO-SUMMICRON f2.0-2.8/5.1-12.8 ASPH,

 ↑ 写真をクリックすると拡大します

購入時から探し続けていたZ50用のボデーケースが発注してから10日で手元に届きました。3/3発注で本日3/13でした。最初中国と思っていたらシンガポールからでした。箱が少し潰れていましたが中身は問題ありませんでした。いまはAmazonからの発送になっていましたので直ぐ届くと思われます。2020/3/13


Zレンズも銘玉NIKKORになるか

  ↑ 写真をクリックすると拡大します

昨年暮れに発売になったNikonZ50用のレンズZ DX16-50f3.5-6.3VR Z DX 50-250f4.5-6.3VR 中々良い発色をしてますが以前発売になった銘レンズDX用AF-S NIKKOR18-55mmf3.5-5.6GED/AF-SNIKKOR55-200mmf4.5-5.6GEDと比較してみましたが以前にもまして良いのはVRが両方に付いた事と思いますがZ用は望遠側が一絞り暗くなっているのが問題と言う事位でした。以前のDX銘玉はVRが無しでした(注意・VR付きも後から出たが遥かにVR無しが良かったので銘玉とされた)                  2020/3/1

参考資料→https://photoan.com/?p=764&preview_id=764&preview_nonce=b7f14e35ac&post_format=standard&_thumbnail_id=1212&preview=true

銘玉レンズ AF-S NIKKOR 55-200mmf4-5.6G ED


アルコールストーブに凝ってます

LEICA D-LUX4 DC VARIO-SUMMICRON 1:2.0-2.8/5.1-12.8 ASPH

ここには15個ですがそれ以上制作しました

昨年の11月頃からアルコールストーブ作成に凝っています。結構作りましてムービーにしている3個がまあまあの出来と言うところでした。制作中はアルミ缶スチール缶が目に付いて大変でした。WEBで沢山の人が簡単に作られていてやってみた次第です。ムービーにしている左がアルミ缶で菊水のお酒が入っていたのが結構アルミが厚くて良好でした。右2個はスチール缶で結構硬かったけどしっかりしています。  2020/2/2


カメラにアングルファインダーを素早く付ける方法

LEICA D-LUX4 DC VARIO-SUMMICRON 1:2.0-2.8/5.1-12.8 ASPH

ニコンアングルファインダーとC社のアングルファインダーC
接眼レンズのゴムを外して少し緩めていれる
DK27をDR4につけてます
ピッタリとハマった

 ↑  写真をクリックすると拡大します

ニコンのカメラにアングルファインダーを素早くカメラに付ける方法です。一枚目の写真は左がニコンのアングルファインダーDR-4にDK-27(D5)を付けていますこれだけでも良かったんですがD4やD810の丸形には写真2の様につける際中々入りません。そこで登場するのがC社のアングルファインダーCです。ネットで約5000円でしたがこれがピッタリと収まりました。 2019/10/15


amazfit bipその後

Leica D-LUX4

購入して二月目です。最初の方なので液晶をよく使ったんでしょう

購入から三月目になり30日でまだ19パーセント残があり公証されている45日間は本当でした。最初の写真は8月の時です、やはり電池の持ちは重要でした。今回長い出張も難なくでした。以前使っていたPEBBLEに比べるとひとつ違うところがありますがまあ今の段階ではベストでしょう。  2019/9/9